安芸市<前編> ~入河内大根~

っはよぉゴザイマス
昨日は朝から若旦那を運転手にして、、、
高知県東部の安芸市におっ邪魔~
何をしに行っていたかって!?
うふふっ
美味しい物を求めて・・・
それもありますが、大切なおっ仕事をしに。。。
国道55号線から伊尾木川沿いに、
車で約30分行った入河内(にゅうがうち)地区に到着
ココの地域では地大根の『入河内大根』を栽培しているコトで有名な地域
コンシェ、スカートスーツにヒールを履いて、畑のど真ん中に居りました
この後、予期せぬ出来ごとが・・・
P1280864.jpg
ほぉ~らっ
だいたいわかりますよねぇ。。。
この場に居ると言う事は・・・
こぉなっちゃいますよねぇ
P1280868.jpg
ですよねぇ~
P1280872.jpg
1本、3㌔~4㌔もある入河内大根
まぁまぁ重いしぬけましぇん
P1280875.jpg
無事、任務完了~
毎度毎度の、へにゃちょこコンシェのへにゃちょこパワー炸裂でした
入河内大根の特徴は・・・
●首の部分が赤紫色
●青首大根の約3倍の大きさ、通常のもので4~5kg
 (最大のものでは10kgを超えるものもあるらしい)
●煮崩れしにくい
●首の赤紫色の部分は生で食べると梨のような甘さがあると言われている
●葉っぱも柔らかく食べられる
●「ス」が入りにくく、春先まで美味しく食べられる
●他の地域に種をまいても、同じように大きく、赤紫色になるようには育たない
●水はけの良い土地でないとうまく育たない
などが特徴だそうです
で、入河内大根を引っこ抜いたら、食べてみたいですよねぇ~
入河内地区から更に山の上に進み、、、
P1280878.jpg
こまどり温泉に向かいました
0E38193E381BEE381A9E3828A.jpg
山奥にある小さな集落。。。
民家の前で、おばあちゃんが日向ぼっこをしていたのを見て、
なんだか心が、ほんわかしたコンシェでした
そして なんとココで、入河内大根定食 食べれたんデス
P1280890.jpg
いやぁ~ねぇ、ホンマにホンマに美味しかったぁ
絶品 大根もち                 大根の味噌汁
P1280886.jpg    P1280888.jpg
大根のカツ                      大根のマヨネーズ和え
P1280885.jpg    P1280887.jpg
大根サラダ                       大根の菜めし
P1280889_20150123180545c0c.jpg    P1280892_20150123180558444.jpg
ホンマに美味しかったデスよぉ
ただ、この大根定食が食べれるのは、
1月、2月の大根の収穫を行っている期間だけの限定だそうデス
なので、ほのぼのドライブがてら・・・
と言う方は一度、問い合わせをして行って下さいまし
 温泉 こまどり
住   所 高知県安芸市黒瀬(告ケ丘)550番地
電   話 0887-36-2660
営業時間 11時~18時
休 館 日 火曜日
●泉質・・・単純硫黄冷鉱泉(弱アルカリ性・低張性)
●適応症・・・慢性消化器科・冷え性・慢性皮膚病・慢性婦人病
        糖尿病・高血圧症・神経痛・関節痛・健康増進など
温泉入浴料・・・大人 400円 / 子供 200円
大根定食 1100円
あっ ここケイタイ電話が繋がりましぇん
日々、慌しい中で、お過ごしの方は自分だけの時間が持てるからイイかも。。。
お母さんの料理が恋しくなったら行ってみて下さいね
さぁ~て、コンシェ、今日は、ながぁ~い一日になっちゃいマス
今宵は、楽しい♪楽しい♪夜遊びツアー
今日も何人の方に高知最高と言って頂けるのでしょうか
コンシェ、しらふで笑い過ぎないように頑張りマス
でばでば、今日も一日笑顔で頑張りましょう
人気ブログランキングへ

  こちらをぴこっとぉ~ 

          (^^) 押しちゃってぇ   
    

みんなが行きたくなっちゃうような・・・

楽しい体験満載のオプションはコチラをご覧下さいまっしぃ~

高知の旅が10倍楽しくなる

城西館「とさ恋ツアー」オリジナルプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*