今度は愛媛県西条市へgo=3

知のみなさぁ~ん、
日曜日の深夜番組さんさんテレビで放送をしている
『頑張ってちばりよ~』はご覧頂けましたでしょうか???
ワタシ、ばっちり出てましたね
ずぅ~っと笑いっ放しでしたケド
USAのまち歩きをご紹介させて頂きましたが、、、
なんと 今週の日曜日、11月24日もですねぇ、
先日の収録の様子をテレビで放送しちゃうんデスよぉ
RKC高知放送
 『照英のあったか高知であい旅』 
11月24日(日) 午前9時55分~
で、またまた当館で人気のあるお座敷遊びの様子が放送されマス
この放送は、全国版なので、
全国のどこかでも放送されるハズです
なので、ワタシのブログを見て下さっている方は、
照英さんの旅番組は、必ずチェック願いますよぉ~
テレビが観れない方は、必ず録画をお願い申し上げます
まぁ、お座敷遊びに関しては、ワタシがご案内をさせて頂きましたので、
ちょびっとだっけはワタシが登場してくるカモしれませんよぉ
あんまり出過ぎたら、社長に叱られるので・・・
撮影の時は控え目にしていましたので・・・ んな訳。。。 ですよねぇ~
社長に叱られると言うのは冗談デス
  一応、これは取材をお断りする際のワタシの言い方デス
日曜日の宣伝もしたコトだし・・・
とは言ってもブログネタがあるのでご紹介なりぃ~
昨日は公休を頂いており、
いつもお世話になっている協会のお友達と一緒にお出掛けぇ~
向かった先は・・・
愛媛県西条市
目的は、産直販売をしている周ちゃん広場
いつもね、西条の方とかバウムに来て下さっているのに、
ワタシは西条市におっ邪魔~したことがなくってね。。。
そんなコトじゃぁイクマイねぇと言う訳で、
お勉強を兼ねてメインおっ買い物~
寒風山トンネルまで194号線を通って1時間40分くらいやったかなぁ
そこから寒風山トンネルを通って西条市までは40分くらい
はやぁ~ぃ
目的の周ちゃん広場まで、道は簡単なのに・・・
なんせワタシは方向音痴なので・・・
ナビがあってもナビを無視する時があるので方向音痴はそのマンマ
周ちゃん広場まで行くのに同じ道を2回クルクル通過しておりました
2回目に近くのコンビニの方に聞いた後正面に発見したのがコレ↓↓↓
20131118_102802.jpg
ワタシ、この看板を見過ごして2回もココを通過しておりました 情けない。。。
で、気を取り直して目的地までたった2分
周ちゃん広場 を発見
テンションが上がりまくって写真すら撮っておりません
やっぱり、何かが抜かってるぅ。。。
周ちゃん広場は直販所でメチャクチャ広い
ワタシ、近々、買い物好きな母を連れて行ってあげようと思っていマス
お野菜なんかも安いし、種類も豊富で、何より楽しい
高知から出て、ぶらぶらドライブしながら来たし、
お出掛けってコトでテンション上がってるし楽しかったわぁ~ぃ
言うまでもなく、しっかりお買物しました
その後は、周ちゃん広場から7キロ先にあるタオル美術館へ・・・
初めて行くタオル美術館
ちょうど、新しいバスタオルが欲しいと思っていたから
ワタシの目的は新しいバスタオルを買うコト それだっけぇ~
20131118_114054.jpg
タオル美術館は広いねぇ~
上の方にはレストランもありましたよぉ
20131118_114147.jpg
ワタシの目的のバスタオルを探していると、
ちょっと高かったけどホテル使用のバスタオルを見つけたのでお買い上げぇ~
20131118_111839.jpg
もぉ、満足満足
帰りは、お山の別荘に寄って美味しい湯豆腐をいっただきぃ~
だぁ~ぃスキな森さんのいる一の谷やかたに寄って昼食を頂きました
PhotoGrid_1384776623979.jpg
またまた紅葉も楽しみ、美味しいお料理も堪能し幸せいっぱい
この時の本川の気温4℃
20131118_150515_201311191634191be.jpg
外は時雨れていましたが、その内、雪が舞って来ました。。。
今年の初雪は昨日、本川で見ましたよぉ
雪が降るなんて寒いハズですわっ
写真でも分かるように池がまた紅葉した葉っぱが落ちて汚れているので、
また、おそぉ~じ隊は集合をせなイカンねぇ
あぁ~ ホンマに楽しくって満喫出来た一日でした。。。
行ってみたかった周ちゃん広場、ワタシのお気に入りになりました
春になったら周ちゃん広場に行くお買物ツアーでも作ろっと
いつも見て頂いてサンキュー ベリー マッチョ まっちょ 
国内旅行ブログランキング頑張りまふっ  
  人気ブログランキングへ
  こちらをぴこっとぉ~ 
          (^^) 押しちゃってぇ   
    でばでば・・・  see you
みんなが行きたくなっちゃうような・・・
楽しい体験満載のオプションはコチラをご覧下さいまっしぃ~

高知の旅が10倍楽しくなる
城西館「とさ恋ツアー」オリジナルプログラム

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*